フランス旅行ガイドに載っていないフランス旅行

フランスの旅行情報が満載!ガイドブックに載っていないフランス旅行を楽しめます。フランス旅行に欠かせないホテルの予約も日本語ですぐにできます。

パリ メトロの乗り方

地下鉄の種類

パリの地下鉄は2種類あります。

パリ市交通公団のMETRO(メトロ)とSNCF(フランス国鉄)が運営するRER(エール・ウー・エール)です。

メトロは14路線ありRERは5路線。

パリ市内であれば、共通のチケットで乗換え自由で一回乗れば、どこまでいっても同一料金1.7ユーロです。

パリ市内ならメトロが便利です。一駅の間隔が近いので二駅くらいなら歩いても行けます。

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内に向かう電車はRERになります。

チケットの買い方

TICKET”T+”(パリ市内・郊外メトロ・バス1回券)

パリ市内、及び郊外までのメトロ、バス、及びパリ市内のRER路線、また郊外の提携私営路線バスにも乗車可能。バスは1乗車ごとに1チケット必要。
  • 1回券/1.7ユーロ
  • カルネ Carnet(10枚綴り)12ユーロ

メトロのチケットは駅の自動販売機や窓口から買うことも出来ますが、10枚綴りのカルネなら街中のカフェやタバコ屋で買うことができます。(1枚単位で売っているのかは不明、私は今までカルネしか買ったことがないので)

パリ市内で電車やバスに乗るのならカルネを買ったほうがお得ですし手間もかかりません。

バス乗車時はチケットを刻印機に通すことを忘れずに。検札に会うと罰金を徴収されます。 パリ市内からRER路線に乗り継ぎ郊外に出るときは、目的地まで有効なチケットをあらかじめ購入します。出口での精算はできないうえ、車内で検札があり、その地点で有効なチケットを持っていないと罰金を徴収されます。

注意したいのが、日本なら1万円札で切符1枚買うのは当たり前ですが、フランスでは大きい単位のお札で窓口にチケット1枚お願いしても、断られることがよくあります。それはチケットに限らず100ユーロ札で小さい買い物は嫌がられることが多いでしょう。私の経験では20ユーロ札でも断られたことがあります。なるべく細かいお金を持っておきましょう。

チケットを購入する際は無理してフランス語を使わなくても英語で十分。フランス国内のお店なら大抵英語が通じます。

乗り方

改札は自動改札機に切符を差し入れ切符をとってからターンスティールを押し、さらに自動開閉するドアを抜けて入る。極稀にタダ乗りをしようとする人が一緒に後ろを通ろうとしてくることがあるので注意。切符は出口では必要ない。

パリの地下鉄は楽しい!

パリの地下鉄では多くの音楽や歌を歌っている人がいます。彼らは年に1度のオーディションで選ばれて、メトロにお金を払って許可されている人がほとんどです。

いろんな人がいるので見てるだけで楽しくなります。もし楽しめたら少額でもチップをおいてください。必ずチップを入れる缶やケースなどがあります。

そして、電車の中までも歌っている人や楽器を演奏していることも!

スリに気をつける

パリなど観光地、駅には必ずスリがいます。

例えば、駅でチケットを購入するさいに財布を開いたとき現金を持っているかチャックされてると思ってください。また、子供を使ったスリもあります。

男性の場合、おしりの後ろポケットに財布を入れてると、恰好の餌食になります。多くの現金を持ち歩かず、気をつけて行動してください。

スーツケース、変圧器など旅行雑貨が限定の特別価格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。