フランス旅行ガイドに載っていないフランス旅行

フランスの旅行情報が満載!ガイドブックに載っていないフランス旅行を楽しめます。フランス旅行に欠かせないホテルの予約も日本語ですぐにできます。

ルーアン

ルーアン

北フランス有数の都市、フランス第三の商業港…なんて知識を持って訪れた旅行者は、この町の静かで落ち着いたたたずまいに驚かされるはずだ。11世紀にさかのぼる大聖堂を持ち、15世紀にはジャンヌダルク処刑の地となった。その歴史の古さ、教会の多さなどから、日本人なら鎌倉気分になるだろう。カップルやファミリーでにぎわう大時計通りの夕べの散策を楽しみ、土地の人々の温かい心遣いに触れた旅行者は感動しつつこうつぶやくだろう『遊ぶならパリ、住むならルーアン』と・・・

ルーアンの町

ルーアンの中心駅をでると、まっすぐ走っているのが、ジャンヌダルク通りで、町の中心部は駅からセーヌ川に至るまで、この通りの左右に広がっている。駅を出て10分ほど通りを歩くと左側に金色の1本針の大時計を掲げたアーチが見える。ルネッサンス様式の時計は14世紀で門は16世紀に作られたもので、必ず観光したい場所だ。ノルマンディー独特の木骨組みが印象的な家並みが多く残っています。

ルーアンの観光地

ジャンヌダルク教会
15世紀、英仏100年戦争のさなかに突如現れた救国の少女ジャンヌダルク。敗色濃かったフランスを奇跡的な勝利に導いたにもかかわらず、魔女として19歳の若さでここルーアンで火刑に処された。旧市街広場にはジャンヌダルク教会が建ち、彼女の悲劇を偲ぶ人々の参拝が耐えない。
ノートルダム大聖堂
ルーアンのノートルダム大聖堂は光りの移り変わりによって建物の表情が変わってくる。創建は1063年だが、何世紀にもわたって改修工事が繰り返されている。昼は雄大、夜は繊細、どこから見ても美しい。
サンマルク教会
19世紀のフランボワイヤン・ゴシックの傑作で、特に西側正面の扉に施されが彫刻が美しい。中庭に面した木の柱はドクロの彫刻でいっぱい。

アクセス

パリのサンラザール駅からル・アーヴル行きで約1時間

ルーアンの観光案内所はフランス語のみです

スーツケース、変圧器など旅行雑貨が限定の特別価格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。