フランス旅行ガイドに載っていないフランス旅行

フランスの旅行情報が満載!ガイドブックに載っていないフランス旅行を楽しめます。フランス旅行に欠かせないホテルの予約も日本語ですぐにできます。

カフェ編

フランス旅行の楽しみの1つはカフェで過ごす時間です。フランス人の日常生活にはカフェは欠かせない。コーヒー一杯で何時間過ごそうが関係ありません。休みたい時、お腹がすいた時、お酒を飲みたい時といろんな用途で利用できます。

フランスのカフェは席によって料金が異なります。カウンターが一番やすく、次にテラス、室内の順になっています。0.20〜0.40ユーロ程度の差である。

英語はフランスのカフェならほとんど通じます。

メニュー

右側がフランス語です。
  • コーヒー|カフェ
  • 紅茶|テ・ナチュール
  • カプチーノ|カプチーノ
  • ココア|ショコラ
  • ミルクティー|テ・オレ
  • ホットワイン|ヴァンショー
  • ビール|ビエール
  • 少ジョッキのビール|ドゥミ
  • モナコ|モナコ
  • 牛ステーキポテトフライ添え|ステーク・フリット
  • クロックムッシュー|クロックムッシュー

まだまだ、メニューはあります。ビールを注文するとサイズや銘柄を聞かれる場合があり、何も聞かない場合はかなりビックサイズのビールが出てきます。日本人の中ジョッキ感覚なら「ドゥミ」と言います。モナコとは日本ではお目にかかる事はありませんが、フランスのカフェではどこにでもあるビールのカクテルです。

注文しよう

ウエイターを呼ぶ時は「ムッシュー」とか「シルブプレ」と言います。たまにウェイターがそこはおれの担当じゃないといってきます。フランスのギャルソンは自分が担当する区間が決まっていることがあるんです。それは、チップの取り合いなど不公平が起こらないためです。

ここでのフランス語は最も簡単でラフなスタイルなので、学校で習うような文法とは違います。

例えば、「ビール1つとコーヒー1つ」を注文します。

ユヌ ビエール エ アン カフェ シルブプレ

と言います。

注文する数・注文したいものを言えばよいだけです。同じ1つの注文なのにビールは「ユヌ」でコーヒーは「アン」なのは、フランス語には単語に性があり女性形の単語と男性形で変るのです。しかし、全て「アン」で言ってもギャルソンは理解できます。

「シルブプレ」は「お願いします」という意味ですので、必ずつけましょう。

クロックムッシュー2つとコーヒー2つお願いします。

ドゥー クロックムッシュー エ ドゥー カフェ シルブプレ

数字さえわかってしまえば簡単でしょ!

スーツケース、変圧器など旅行雑貨が限定の特別価格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。