フランス旅行ガイドに載っていないフランス旅行

フランスの旅行情報が満載!ガイドブックに載っていないフランス旅行を楽しめます。フランス旅行に欠かせないホテルの予約も日本語ですぐにできます。

フランス旅行に行く前に

フランス旅行に行く前にパスポートのほか用意しておくと役に立つものがいろいろあるのでチェックしよう!

  • パスポート
  • クレジットカード
  • 海外旅行保険証書
  • 地図
  • ガイドブック
  • 医薬品(正露丸、風邪薬、胃腸薬など)
  • 変圧器
  • カメラ
  • 生理用品

海外旅行保険

フランスで病気やけがの治療費は日本に比べてはるかに高額な費用がかかってしまいます。いまや海外保険の加入は常識です。必ず入っておきましょう!また、クレジットカードに海外旅行保険が付帯されている事も多いが、「疾病死亡保障」がない、旅行代金をカード決済していないと対象にならないなどの制約があるので保証内容をきちんと確認し、足らないものがあったら、「上乗せ保証」として保険に加入するのもいいでしょう。

クレジットカード

フランスはカード社会です。コーヒーを飲むにもスーパーで買い物するのもカードで決済しています。(カルトブルーというデビットカードを持っています)海外ではクレジットカードを持っていないと信用されない事もあります。クレジットカードは必ずもっていきましょう!また、フランスはスリがたくさんいます。紛失した際の連絡先などをメモっておくことも忘れずに。

JALがANAのカードはマイレージが貯まります。また、頻繁に旅行に行かなくても、買い物や年金などをカード決済していけばマイルが貯まり無料で旅行にいけるかもしれません。

JALカード

変圧器

仕事でパソコンなどの電化製品を持っていく人には必須のアイテムです。フランスの標準は220ボルトで周波数50ヘルツなので、日本の電化製品はそのままでは使ないので変圧器が必要。これ一つでほとんどの国で使えるので重宝します。

こちらから購入できます。

機内に持ち運べるキャリーバッグで荷物減らすテクニック

5日、6日のフランス旅行となれば大きなスーツケースがイメージされるのではないでしょうか?

ワインなど大きめのおみやげをある程度買わないといけいという人はある程度大きさのバッグが必要でしょう。

私の場合、おみやげは買いません。いろいろなところに移動することが多く、できるだけ荷物を減らしたいのです。荷物が少ないだけで疲れ方が違います。

基本的には、3辺の合計が115cm以内で機内に持ち込める大きさのキャリーバッグです。

メリット

  • 旅行中コンパクトで軽く動きやすい
  • 「自分は海外についたが、荷物が行方不明!」なんて心配はありません。そんなこと普通無いだろうと思いがちですが、意外とあることなのです。

デメリット

  • 容量が小さい

私が思いつくデメリットはこれしかありません。それなら、荷物を小さくすればいいだけです。

荷物を減らす極意

旅行に旅立つ前の時点ではキャリーバッグには、これでもか!ってほど詰め込みますが、実は帰りのほうが荷物が少なかったりします。

  1. ジーパンなど、皺になりにくく何度も履けるズボンを持っていく。私の場合は2つ。汚れたら現地で洗濯する。
  2. 例えばパンツや靴下、Tシャツなど捨て時がわからなく無いですか?別に破れているわけじゃないし・・・とか靴下は破れてないけどちょっとすり減ってきたな〜、というものを旅行で使用して最後に旅行先のホテルで捨ててしまいます。
  3. 捨てるようなものが無いという時は、ちょっと勿体無いかもしれませんが、日本の100円ショップで下着やTシャツを購入しておいて、現地で使ったら捨てるということもありです。

どうでしょう!?、日本で普通にゴミに捨てるのではなく最後に海外で使ってあげておさらばすれば、荷物は減っていきます。もし、足らなくなれば現地で買い物すればいいんです。それはそれで楽しいものですよ。

私は現地で動くことが多いので2輪が非常にいいです。

下着や洋服を現地で捨ててしまえばある程度のおみやげなどもキャリーバッグに入ります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。