フランス旅行ガイドに載っていないフランス旅行

フランスの旅行情報が満載!ガイドブックに載っていないフランス旅行を楽しめます。フランス旅行に欠かせないホテルの予約も日本語ですぐにできます。

ラングドック・ルシオン地方カテゴリの記事一覧

ラングドック・ルシオン エグ・モルト

エグモルト
フランス南部の地中海沿岸に位置する港町でランドック・ルシオン地方で城壁で完全に周囲を囲まれた町です。

城壁の内部は、中世の街並みが完全に残っていて多くの観光客で賑わっています。

この一帯は、ラムサール条約に登録され、カマルグ湿地帯で、真っ白な壁にかやぶき屋根がある独特の家があり、フラミンゴの野営地としても有名です。水田や湿地が広がり、ここがフランス?と思うくらい不思議な風景に出会えます。

エグ・モルトは、フランス国王ルイ9世が1241年に基礎を築きました。

しかし、土砂体積で海岸線が退いてしまい、港の機能がなくなり、町はどんどん衰退していき、コンスタンス塔は500年もの間、牢獄として機能していました。

そのため発展が止まった中世の町の城壁が、壊されることがなかったため現存し、多くの観光客を魅了しているのです。
  

また、岩塩が主流のヨーロッパですが、エグ・モルト(ラングドックルシオン)は天然海水塩産業が盛んです。紀元前ローマ時代に築かれた、地中海で最も古いといわれるこの塩田は、中世において最も盛んに行われました。

しかし、それは食用としてではなく、中世の時代にアルマニャック派とブルゴーニュ派の戦争で敗北し、戦死した多くのブルゴーニュ人を、城壁南西部にある、『ブルゴーニュの塔』と呼ばれる塔に詰め込み、塩漬けにして腐敗を防止したのです
  

町の住宅は16世紀から17世紀にかけて建設された数多く残されています。

エグ・モルトへは、レンタカーであればA9の高速を利用して、26番出口GallarguesよりD979を経由して、20分程度で到着できます。マルセイユからは、高速利用で1時間45分程度で、モンペリエからだとD62を直接経由して40分くらいです。

バスなら、STD Gard社のバス・ライン1にてニームから所要1時間、Herault Transport社のバス・ライン107にてモンペリエから所要1時間30分です。

空路であれば、モンペリエのAeroport de Montpellier-Mediterranee、
ニームのAeroport International de Nimes-Arles-Camargueに空港があります。

列車であれば、エグ・モルト城壁外にS.N.C.Fの駅があり、ニームから40分程度です。パリからTGVを利用して、4時間30分〜5時間かかります。
いずれも時期により運行状況が異なりますので、事前に確認されると良いと思います。


エグ・モルトは小さな町ですので、この一帯のラングドックルシオン地方を合わせて観光する事をおすすめします。

エグモルト観光案内所

モンペリエ

モンペリエの町

観光客として訪れるよりも、住んでみたいと思わせる町がある。モンペリエはその一つだ。13世紀創立の由緒ある大学があり、町では片手に本、片手にパンといういでたち、ラブレーやペトラルカの後輩達が歩いてるのに出会う。かつては南フランスの中心都市だったモンペリエには、凱旋門やポンデュガールを真似た水道橋など見所もある。でもこの町では、地中海から吹いてくる爽やかな風を受けて、旧市街をすっくり散歩するのがベストかもしれない。

モンペリエガイド

駅前広場を歩いて行くとコメディ広場がある。コメディ広場の北西一帯は17〜18世紀の町並みが残る旧市街だ。コメディ広場から続く遊歩道の西側にファーブル美術館がある。また旧市街を抜けた所には凱旋門があります。そして、西側には集水場(Chateau d'eau)がたち水道橋が延びている。上を歩く事はできないが、880mにわたってアーチが続いていく様子は、なかなか壮観だ!

見所

ファーブル美術館
ドラクロワなど近代美術が多いが、中でも見逃せないのは、クルーベの作品だ。一見変哲もない絵だが、19世紀当時流行っていた官展派のかび臭い絵にたたきつけた「写実主義」という名前の挑戦状である。また、「水浴する女」は理想化しないありのままの女性の裸体を描いて、サロンで大スキャンダルになった作品で、これも必見

アクセス

パリリヨン駅からTGVで3時間30分。リヨンから直通の急行で約3時間。 モンペリエ観光案内所(仏)

カルカッソンヌ

カルカッソンヌ

カルカッソンヌの城壁が、イルミネーションの光りに照らし出されたのは、時計が10時を回った頃だった。城壁が見える橋の上で待っていると最初の光が灯り、やがて光りは徐々に広がっていきます。ジョーク好きの人がライトの前でポーズをとっていて、城壁に突然、巨大な人影が映ったりする。夜の闇に涼む城壁が光りによって浮かび上がるなんて、この城壁を作った当時の誰が想像しただろう。カルカッソンヌの二重になった城壁はヨーロッパ最大といわれ、1997年にユネスコの世界遺産にも登録された。フランス旅行に行った際はカルカッソンヌの城壁は見逃せないだろう。

カルカッソンヌ観光案内

シテ
スペインから他のヨーロッパ諸国へと通じるルート上にあり、古くから交通の要所であったカルカッソンヌのシテは、もともと要塞として作られたものだ。その歴史は古く、ガロ・ローマン時代までさかのぼるといわれている。大きな石がでたらめに置かれたように見える内壁の下部は、その頃に作られたものだ。その後、四角い石を平たく規則的に組み立てるようになっていったという。1659年、ピレネー条約によってスペインとの国境がに西に退くと、もはや要塞としても役割は終わり、次第に衰退していった。19世紀には既に廃墟と化していたが、作家メリメに見出され、修復家ヴィオレ・ル・デュックによって見事に復元された。現在はフランス旅行の観光地となっており、見学ツアーなどもあります。

カルカッソンヌへのアクセス

パリオステルリッツ駅からナルボンヌ行きの特急で7時間30分夜行で行くこともできる。TGVでパリからトゥールーズまでいき直通特急で45分で行っても良い。

英語などのページはあるがカルカッソンヌ観光案内所のサイトは日本語はありません。

ルルド

ルルド

フランスのルルドには、「奇跡の水」を求めて世界中から旅行者が訪れます。ポー川のほとりにある洞窟の近くに薪を集めに来た1ベルナデッタスービル、14歳の少女がいた。突然彼女の前に現れた聖母マリアは、その後18回にわたって同じ場所に出現し、ある日「泉へ行って水を飲み、顔を洗いなさい」と命じた。洞窟近くの地面を掘ると泉が湧き始め、その湧き水によって病気が治療する軌跡が何度も起きたといわれる。それから、ルルドは年間150カ国から500万人が訪れるカトリック最大の巡礼地、とくに病を持つ人々によって重要な聖地となった。ベルナデッタの遺体はパリ南東の町ヌヴェールにあるサン-ジルダールという僧院の礼拝堂に安置されている。

ルルドの町には聖母マリア像型のボトルで水が売られています。

ルルドの見所

軌跡の水

聖母が出現したと言われる洞窟。奇跡の泉はマリア像の左下奥にあり、今も水が湧き続けている。人々が祈りながら岩の表面をなでていくため、周辺の岩は黒光りしているほどだ、泉の水は洞窟手前の蛇口から汲める。たくさんの旅行者や巡礼者が汲んでいるのですぐにわかる。

ベタラン洞窟

ルルドから15キロ郊外にある、巨大な鍾乳洞は地下の支流の影響で地下が5層になっている。80mも陥没した穴や天井の鍾乳石は、正に自然が作り出したオブジェ。鍾乳洞内の川を船で渡ったり、水上カーに乗るのも楽しい。

復、行き帰りにバスで通り過ぎる村々の小さなロマネスク教会や、緑豊かなピレネーの麓らしい風景は見ものだ。

ルルドへのアクセス

ルルドへは、パリ・モンパルナス駅から、TGVで5時間30分。

観光案内所

ルルドの観光案内所 Lourdes-france は日本語表記はありません。フランス語のほかに英語、スペイン語、ドイツ語などで観覧できます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。