フランス旅行ガイドに載っていないフランス旅行

フランスの旅行情報が満載!ガイドブックに載っていないフランス旅行を楽しめます。フランス旅行に欠かせないホテルの予約も日本語ですぐにできます。

フランス旅行でよく遭う犯罪カテゴリの記事一覧

フランス旅行で気をつけること

まず、認識しなければいけないのが日本より安全な国はないということです。ヨーロッパの観光地にいる日本人旅行者は必ずスリなどに狙われています。日本人はガードが甘く現金も多く持っているので一番狙われやすいのです。


せっかくのフランス旅行をやな思い出にしないためにも、コツを教えます。

まず、男性はズボンの後ろポケットに財布を入れないでください。ぶつかった拍子に簡単に持ってかれてしまうでしょう。

必要最低限のお金とクレジットカードを持って行動し、20ユーロ以上のお札は細かく崩しておいてたほうが無難です。電車の切符など安い買い物をする時に20ユーロ札以上の現金を支払おうとすると、おつりがないからと断られたりします。フランス人のスリたちはターゲットが財布を開けた瞬間に手持ちがいくらあるか確認しています。


◇スリの手口

・パリなどで、お金を払っていないのに急に親切に話しかけてきて、「僕は日本人の友達がいる」とかサッカーの話をしてくる人はスリだと思って間違えありません。急いでいるなどと言って相手にしないでくださいね。

・メトロなどの電車に乗っていると子供たちが騒ぎ出して近寄ってきたり、時間を聞いてきたりします。この場合は何人かグルになってやっていますので惑わされないように!親子のスリもたくさんいます。

・パリのノートルダムなどの観光地で友人同士で写真を撮っていると「写真を撮ってあげましょうか?」といってくることがあります。何も知らずにカメラを渡すとそのままカメラを持って走って逃げたり(笑)、写真をとった後で料金を請求されたりします。対策としては同じ観光客に写真を撮ってもらうようにしたり、観光地なら日本人がいますのでその人に頼んでください。

・「警察だ!」と言ってきてあなたは撮画禁止の場所で写真を撮ったので罰金を払えということもあります。


料金を支払っていないのに、親切にしてくる人は疑う必要があります。
何十万もするようなバッグで旅行をするのはリスクが増えるのでなるべくエルメスやヴィトンなどのブランド物を持っていかないほうがぶなんです。



パリでスリが多い地域

●モンマルトル
●オペラ周辺
●ノートルダム寺院
●エッフェル塔

そのほかにも、観光客がたくさん集まるところは必ずスリがいると思って間違えありません。

もしもの為にも、クレジットカードのトラブルセンターなどの電話番号などをメモしておいてください。

フランス旅行での被害者のほとんどはスリです。とにかくスリだけは気をつけてください。


間違ってもお酒を飲みすぎて、道端で寝ないでくださいね。起きたら全裸になるでしょう(笑)

外務省海外安全ホームページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。